赤松

書生君と鹿島のお話。
君はこころに気付いていない。

Profile
no bio